学術活動春期講演会>第13回静電気学会春期講演会開催案内と講演募集要項

13回静電気学会春期講演会開催案内と講演募集要項

開催案内

会 期: 2012年3月6日(火)

会 場: 東京大学(東京都文京区本郷7-3-1)工学部2号館245, 246号教室

学術講演:本講演会は,静電気に関係した研究を行っている若手(主として大学院生あるいは企業・研究所等の若手研究者)による研究成果の発表を対象としています。なお,本講演での発表者は増田賞の被選定対象者となります。

参加費: 正会員・準会員・賛助会員 1000円,非会員 3000円

参加費支払方法:当日会場にてお支払いください。なお,事前にお支払い希望の方は,学会事務局までご連絡ください。

論文の審査:期日までに提出された発表原稿の中から審査を行い,優れた内容のものに対して以下のような賞が授与されます。審査をご希望の方は, 2012年2月3日(金)までに下記の講演募集要項に従って講演申込を行ってください。

<<賞の内容>>首都圏から離れた地区からの発表者で条件を満たした方には,一定額以内の交通費の補助を行います。なお,交通費は原則鉄道料金(新幹線を含む)とします。首都圏在住の発表者には記念品を贈呈します。詳細については静電気学会事務局にお問い合わせください。

講演募集要項

応募資格:登壇者は会員に限ります。会員外の場合プログラム作成時に除かれますので、未入会の方は講演申込時までに入会手続きを取って下さい(希望会員種別ご確認の上学会事務局に入会申込書をご請求下さい)。

講演時間:約20分(質問時間を含む)

講演申込:
次のように、郵送とEメールとの両方を使ってお申込下さい。
① 郵送: Webからダウンロードした申込書(MS-Word,PDF)、講演原稿1部とそのコピー1部
② Eメール: 下記の<講演申込用Eメールのフォーマット>記載の7項目。

申込および原稿提出期限:
2012年2月9日(木)必着。(論文の審査を希望される方は,2月3日(金)必着締切は厳守願います。原稿到着が遅れた場合、印刷スケジュールの都合上,該当ページが白紙となる可能性があります。

申込先および原稿提出先:
1)Eメール iesjアットマークiesj.org
2)送付先 静電気学会事務局 〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-3 シャルム’80 4F
TEL: 03-3815-4171、 FAX: 03-5841-6786(東京大学気付)

なお,受取の都合上,宅急便・書留等で送る場合には下記宛にお送り下さい。
〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学大学院工学系研究科電気工学専攻 小田哲治 宛

講演申込用Eメールのフォーマット

次の7項目を箇条書きにして下さい。

1行目: 「春期講演会講演申込」
2行目: 講演題目
3行目: 所属先名
4行目: 発表者氏名
5行目: 発表者のよみがな
6行目: 連絡先の住所氏名
7行目: 賞として交通費を希望される場合のみ,交通費の内訳および総額(○○駅〜東京(乗車料金○○円+特急料金(含新幹線)○○円))計○○円

1項目当たりの情報が多く1行に入らないときは,2行に渡っても結構です。

登壇者の記号(左に○),所属の記号(*,**)は,上付や半角にせずに全角のままでお送り下さい。

Eメールで送られたデータを元にプログラムを作成しますが、文字化けやファイル消滅のおそれがありますので、必ずダウンロードした申込書にも記入の上、講演原稿1部とそのコピー1部と共に郵送して下さい。

原稿の作成について

原稿の体裁:
A4サイズのできるだけ白く厚めの紙を用い、書式は下記の原稿作成要領(MS Word)を参考にして見やすいようにワープロで作成し(手書き原稿は受理されません),必ず白黒で(図表等を含めて)印刷して下さい。英文でも結構です。図表等の大きさは、見やすさと全体のバランスをよく考えて作成して下さい。貼り込む場合は、剥がれたり折れ曲がることのないように注意して下さい。

ページ数:2ページまたは4ページ(奇数ページ不可)。

タイトル:日本語と英語の両方を,原稿作成要領のように併記して下さい。

図  表:キャプションも含めて、すべて英文で書いて下さい。